リニアのしくみを学ぼう。

磁石の力で浮いて走る「超電導リニア」。
音やゆれも少なく、乗りごこちも快適。
超電導リニアの最新技術をご紹介します。

超電導って何?
ある種の物質を一定の温度まで下げたときに、電気がとても流れやすい状態になることを「超電導」状態というよ。「超電導」状態の金属で作ったコイル(超電導コイル)に電気を流すと、その電気はコイルの中を半永久的に流れ続け、「超電導磁石」になるんだ。超電導リニアには、この超電導磁石が組み込まれていて、磁石の力で、車体を浮かせたり進んだりするんだよ。


超電導リニアのしくみ
ガイドウェイって何?
レールでは無く「ガイドウェイ」を走る超電導リニア。
「ガイドウェイ」には、(1)前に進むための「推進コイル」と、
(2)浮く(3)導くための「浮上・案内コイル」があって、電気が流れるとコイルは磁石になるんだよ。磁石のN極やS極が引き合ったり、反発するように、ガイドウェイの「コイル(磁石)」と車両の「超電導磁石」が引き合ったり、反発することで、浮いたり進んだりするんだよ。
 
どうして浮くの?
ガイドウェイの「浮上・案内コイル」の前を、車両の「超電導磁石」が通り過ぎると、瞬間的に「浮上・案内コイル」に電気が流れて、「浮上・案内コイル」が磁石になる。そうすると車両の「超電導磁石」と「浮上・案内コイル(磁石)」の間に、『下から押し上げる力』と『上に引き上げる力』が生まれて、超電導リニアが浮き上がるんだ。
浮き上がる原理
どうやって進むの?
車両の「超電導磁石」とガイドウェイの「推進コイル(磁石)」の間に生まれる、『引き合う力』と『反発する力』を使って、超電導リニアは進むんだ。
進む原理
 
なぜ壁にぶつからないの?
超電導リニアがガイドウェイの左右どちらかにずれると、車両の「超電導磁石」とガイドウェイの「浮上・案内コイル」の間に、遠ざかった方には『引き寄せる力』、近づいた方には『押し戻す力』が生まれて、車両は常にガイドウェイの真ん中に戻るんだ。